SF発アイドル行き
2011 / 01 / 31 ( Mon )



SF系の架空戦記が2本始まっていたので紹介です。
上のは宇宙船をカスタマイズしてミッションを受けていく感じですかね? パイロットの春香さんと宇宙船のコンピュータのかけあいで話が進んでいくみたいですね。春香さん以外のアイドルはNPC役で出る模様です。今のところ律っちゃんが出てますね。

下の方は地球の指導者となって宇宙を開拓していくみたいです。このゲームの名前に聞き覚えがあったのでググってみたらどうやらリメイク前のPC98板を私はやったことあるみたいですw とはいえ、全然別物になってるようですが。ゲーム画面のみならずシステムも全然変わってましたしねw 
こちらのアイドルも主人公は春香さん。そして他のアイドルは別の文明の指導者になる模様です。千早が出てきて濃厚なはるちはに…… こちらもこれからどうなるか楽しみです
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
卓m@sの元プレイ
2011 / 01 / 30 ( Sun )


エアPの作品はゲームそのものも面白いんですが、そこへ到るまでの過程でネタを拾うのが上手いですねw まさかゲームの推奨年齢がネタになるとは……w

またゲームの勝敗だけではなく、それ以外に気になる点をモノローグで語って興味をそそるようにしているのも上手いと思います。今回は愛ちゃんの語りでどんなドラマが巻き起こるのか楽しみですw



元プレイがあるのとエアプレイなのとどっちがいいかというと一概には言えないんですよね。元プレイがあるとやはり芯が通ったプレイになりますが、反面アイドルらしからぬプレイや、今回のようにミスプレイなんかも出ますのでそのあたりが難しいところ。反面エアプレイはアイドルとしての矛盾点は少なくなりがちですが、リアリティに乏しい展開になりかねなかったりします。難しい問題ですね。

今回はおまけの演出が良かったですね。みきいおに真が絡むとこんなに面白くなるとは……w
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
M765星からキタ乙女たち
2011 / 01 / 28 ( Fri )


カオスな話が更にカオスに! という5話でしたw
JA.Pの動画はもうとにかくついてこれる奴だけついてこい! って感じがして、よっしゃ、ついていってやるぜ! って気にさせられます。

でもカオスなだけじゃなくていろいろな知識に裏打ちされたエピソードも多いし、豊富な資料でわかりやすく説明もされてるので実は教養講座的な側面もあったりします。そういう側面もカオスに拍車をかけてる気もしますけどねw
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ことりさんじゅうはっさい
2011 / 01 / 27 ( Thu )


今回の見所はなんといってもティナの小鳥さんバージョンでしょう。小鳥さんのティナバージョンかもしれませんがw 今回はまだ顔見せにすぎないので、早く本編で見たいものです。それにしてもいろいろなところから伏線を取ってるなぁw
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
卓ゲ4連発
2011 / 01 / 26 ( Wed )


今回からPCが一人増えたのですが…… この人にこういうキャラをやらせるのは珍しいんじゃないでしょうかw 誰だか気になる人はぜひ動画を見てくださいねw りょうゆめに続いてこの動画の花になるかもしれません。徒花かもしれませんが……w



こちらは最終セッションとのこと。まだまだ続けて欲しいですがこればかりはPの決めることですからしかたありません。でも気が変わって欲しいと思ってますw

最終セッションにふさわしい敵なんですが、導入がほのぼのしすぎてギャップがw とはいえ敵は竜、まよくろに近づいてきたPTの総力を上げての戦いになるに違いありません。楽しみですね。



エルシアの後番? みたいなこの作品、DMも初DMならPLも初心者多めの卓でのD&D、どうなるのでしょうか? 876アイドルオールスターというのも意外と少ないので楽しみです。しかし愛ちゃんのハマりっぷりが可愛いですねw



この動画はヒカルの碁のように、将棋がわからなくても楽しめるし、将棋がわかればもっと楽しめるという素晴らしい作りになってます。私の将棋の知識は殆ど無いし、最近の流行とかは全くわからないのですが、それでも十分に楽しんでます。

今回は真がヒロインなわけですが、真の個性と将棋の個性がうまく出ててよかったですね。この手の作品はいかにアイドルにマッチした戦法を取らせるかが面白さの肝だと思いますが、今回の真は真らしい戦法ですごく面白かったです。



iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ