アイドルにふさわしい漢たち
2011 / 06 / 29 ( Wed )


今回でマコトの過去編は終了という感じでしょうか。あっというまの30分弱でした。ここのところはノベルオンリーですがそれでも魅せるストーリーと文章です。

SHim@sではアイドルたちに伴侶がいたりします。普通こういう場合はいろいろ言われることが多いのですが、このシリーズではそういうコメを見かけたことがありません。多分相手がアイドルたちの伴侶であることを納得させるだけの男達だからでしょう。今までの漢達は皆素晴らしい人物でしたから。もちろん今回のマコト編もそうです。

iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キャラの魅力と小ネタの魅力
2011 / 06 / 28 ( Tue )


架空戦記が面白くなる要因のひとつにいかにアイドルたちの個性を出すか、というのがあると思います。この作品はそれに成功してると思います。春香さんの芸人体質、絵理の頭はいいけどビビリ気味な感じ、愛ちゃんののーきん、涼の細かいところまで気配りができるところなどいい感じにはまってるんじゃないでしょうか。これから戦闘に入ったらキャラ同士の絡みも出てくるでしょうし、そちらの方も愉しみです。

また作品中の小ネタが面白いです。前回の元ネタによるイメージ画像もそうでしたが、今回の装甲にたいするネタも非常に面白かったですw
最後の説明には1本取られて爆笑してしまいましたw
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
戦国フィーバー
2011 / 06 / 27 ( Mon )


この手のSLG系のプレイ動画や架空戦記ではたいてい内政画面は飛ばされる運命にあります。元々内政画面を省略するために紙芝居が生まれたようなものですし。でも秋月公記では省略せずに画面をみせてくれています。もちろん紙芝居で補足もしてありますし、序盤の戦争が殆ど無いということもあるんでしょうが、こういうのもいいんじゃないでしょうか。



軍師二人のやりとりが面白くていいですね。そして策にやよいの馬鹿正直さを絡めるあたりアイマス架空戦記だなぁという感じがして良いです。これからこの二人の軍師からどんな策が飛び出してくるのか楽しみです。



今までのフリを回収する壮絶な負け戦の回です。そしてまたひとつ作品が増えてますw そしてアイドルたちが苦戦する中史実武将に次回はスポットライトがw
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
友情破壊と世界の破壊
2011 / 06 / 26 ( Sun )


ついに来ました、友情破壊ゲームで有名なディプロマシー!

このゲームがなぜ友情破壊ゲームかというと、ランダム要素が全くない点です。つまり負けるも勝つも全て人次第。しかも口約束は破ってもゲーム上は何も問題ないのです。というか自分の経験上(そんなに経験ないんですが)約束を破らずに勝てることなど殆どなかったです。

こういう殺伐とした雰囲気をどうアイドルたちでどう魅せていくのか楽しみです。柔らかく魅せるもいいですし、殺伐としたアイドルというのもまた一興w

そして各国にいるアドヴァイザーのメンツも濃い人選でこのへんもどう絡んでいくのか楽しみです。アイドルと歴史上の人物のかけあいも楽しいですからねw



まどかマギカ風のTRPGができるマギカロギアのTRPGが始まるようです。今回はマギカロギアの世界観の解説から。世界はまどかマギカと違うのに絶望感だけはまどかマギカにそっくりというきつい世界観でしたw この世界でアイドルがどんな風に物語を作っていくのかこれまた楽しみですw
iM@S架空戦記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
源平合戦とロボット合戦
2011 / 06 / 24 ( Fri )


極東Pの新作キタ! これで勝つる! 

というわけで新シリーズは源平時代を舞台にしたゲームです。しかも超マイナー武将でスタートです。

しかしそこは軍師に涼ちんがつき、ペ天使春香さんの口車も相変わらずで天下統一を目指しますw 平家側には魔王エンジェルがつきますし楽しくなりそうですw



第4次ウソm@sの連載作品です。バトルテックは日本のロボットアニメをパクって作られたロボットバトルSLGなのですが、パクって作った割に版権にうるさいらしいです。そこでこの動画ではロボットのイメージに別のものを用意しているのですが、それがなんと……w この先は動画で確認してみてくださいw
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ