シンクロ系ノベマス
2011 / 08 / 30 ( Tue )


すっきりぽんPの動画は派手な演出とかはありませんが、心に沁みてきます。特に春香さんが主演のお話では更にそれを感じさせられます。

今回の春香さんはほんとにそこにいそうなほど身近な存在として描かれています。たぶんこの距離感の近さがすっきりぽんPの描く春香さんの魅力なんでしょう。

また、今回の語り手は春香さんの同級生です。この同級生が春香さんについて語っていくにつれて我々視聴者と語り手とがどんどんシンクロしていくように感じました。一緒に春香さんの一挙手一投足に目を奪われていき、春香さんについて考えてしまう。まさにシンクロニティを感じました。

PVにもエフェクト系動画とシンクロ系動画があるように、これはノベマスのシンクロ系動画なんじゃないでしょうか。
ノベマス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
軍師、全敗にて死す!
2011 / 08 / 29 ( Mon )


食の小鳥おかわりもついに最終回。原作が尽きてしまったのではどうしようもないですね。ただ元ネタに使えそうなものがあれば復活もありそうなのでそれに期待したいところです。

このシリーズがウケたのはやはり小鳥さんというキャラが全敗軍師にふさわしい道化者を演じるのに適していたというところがあるんじゃないかとおもいます。バカな事をマジメに考えるキャラとしてはうってつけですからねw 

また音楽の使い方もひじょうに良かったんではないかと思います。だいたい人気になるノベマスというのはそれぞれテーマソングのようなものがありますからね。この曲を聴けばその動画を思い出せるような。このシリーズで言うとサティの3つのグノシエンヌがそれでしょう。これからこの曲を聴くたびに食の小鳥を思い出すこと請け合いだと思います。

またこのシリーズは普段ノベマスを見ていない層にも求心力があった点も伸びた理由ではないでしょうか。原作ファンはもとより、グルメ系の話が好きな人、一時期は架空戦記タグもついていたので架空戦記好きの私のような人間にも目にふれることがありました。ネタタグが増えて消されたり付ける余地がなかったりするようになってつかなくなっちゃいましたけどw

ちなみに私は架空戦記タグ……じゃなくてぐるm@s!タグから辿り着いたのでしたw
ノベマス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
懐かしのシリーズの復活と完結
2011 / 08 / 28 ( Sun )
金曜日にゲームが届いてそれをやっていたのでなかなか更新できず……
いや、動画自体は見てたんですけど、ブログの更新しようと思う時間についついゲームをしてしまって……w

そんななか、この週末は懐かしのシリーズの復活、完結が重なりましたw



今回は宇宙船同士の戦闘があります! フェザー砲と光子魚雷での戦い、そしてシールドによる防御とトレッキーなら感動もの、トレッキーでなくてもよく動く戦闘シーンはなかなかいけるんじゃないでしょうかw この宇宙船同士の戦いをみてるだけで幸せですw




やよいさんと涼ちんのオランダプレイも400年の長きにわたり繰り広げられた戦いもついに終わりました。最後はほんとにやよいさんと化したやよいがBBRの許す限り拡張政策に走ってラストスパートをしてる感じです。

他の国々もなかなか面白い感じになっていますね。本国がまともに残ってないのに植民地or征服地が拡大して巨大化している国の多いこと……w 最後にいおりんがオチを持って行ってますけどw
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
源平争乱の終焉
2011 / 08 / 25 ( Thu )


極東Pはデビュー作以降はこういった10話以内に終わる架空戦記シリーズを作っています。この義経記もそうですね。

今回は源平争乱という時代的にも珍しく、またゲームとしてもマイナーなものを取り上げています。たぶん視聴者のほとんどがこのゲームについて知らないんじゃないでしょうか。もちろん私も知りませんw

山本義経というほとんど知られていない弱小でしかも近江という平氏の勢力からほぼ最前線に位置していて通常のプレイでは勝ち目のない勢力を担当し、それを裏技に近い手段で勝ちあがるという、一風変わったプレイ動画になってます。

面白いことにこの裏技がこの源平争乱というゲームの特徴をうまく活かしたものになっているんですよね。ですのでゲームの特徴を思いっきり印象付けることに成功しています。戦国時代とは違った源平時代の武士のありかたというものが如実に現れていて面白かったです。源平合戦の時代も面白いですよw
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
完結済みお気に入り架空戦記−TRPG編その2−
2011 / 08 / 24 ( Wed )


こちらは1セッションだけの単発ものですが、面白さが半端ないのでお気に入りです。

元ゲは「イット・ケイム・フロム・ザ・レイト・レイト・レイトショウ」、通称レレレといいます。どんなTRPGかというと、役者になってB級の糞映画を撮るというものです。

レレレは役者と映画の中の役という2重構造を持っていてPLという立場を合わせると3重構造にもなります。また撮る映画が糞映画なのでそれ自体が笑えるうえに、PCたちの能力もいろいろおかしいものがいっぱいなので更に笑える構造になってます。このリプレイでもみんなバカっぽいですし、糞映画なのでお色気シーンも出てきますw 

このシリーズ、連載時は不定期連載で、だいたい特別な日(クリスマスとかバレンタインデーとか)にうpされるという更新間隔が開くのがネックだったのですが、完結してるので今なら一気に見れるのは嬉しいですよねw 
iM@S架空戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ