大晦日も架空戦記三昧!w
2011 / 12 / 31 ( Sat )
今年はバスの予約を忘れていて友人宅での年越し麻雀大会に参加できませんでした><

ですのでいつも通りがっつり架空戦記を楽しむ休みになりそうですw



このゲームは二部構成になっているので、二部のルール解説の回となっています。ただし、そこはエアPの動画ですので単にルール解説だけではなく、前作とのつながりや心理描写、エアー友達の登場というアクセントで楽しめるようになっています。さすがですねw



今回は現実にはありえないだろうシーンがあります。ただ演出という面ではすごく盛り上がります。こういう演出は賛否両論あると思いますが、私は好きですね。フィクション部分をどこまで許せるかというのは個人的な好みの問題ですが楽しんだほう勝ちかなって思いますw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
極上のみきりつ
2011 / 12 / 30 ( Fri )


今回はみきりつ回ということで毛利の銀河を征服できそうなメンツとの舌戦です。

美希と律子はタイプが全く違っていて、それでいてお互いを補えるいい関係なのですが、それが思う存分今回は発揮されてます。

私は美希はアイマスでも1,2を争うくらい好きなキャラですが、美希単独だと実はそんなに好きじゃなかったりします。美希は周りに人がいてこそ輝くタイプだと思っています。その美希に輝きを与えるのが律子であり伊織でありPでそれぞれ輝きの与え方が違っていて、みきりつ、みきいお、覚醒美希の良さにつながってると思います。

久しぶりに思う存分極上のみきりつを味あわせてもらいましたw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
卓から懐ゲ、そして認めたくないおっさんホイホイ
2011 / 12 / 29 ( Thu )


半年ちょいぶりの新作が来ましたよ! 

アメリカ産の既成シナリオだけあっていろいろとぶっ飛んでるパワーバランスが凄いですね。日本産では考えられないバランスっぷりですw
それに対応していくPLも凄いですけどねw



卓ゲ喫茶Pのシリーズは一風変わった設定の作品が多いので新鮮味があります。今回も前2シリーズからのキャラを流用したり、前回でNPCだったキャラをPCにしたりとPCも個性的になってます。でもそれもコボルトのモフモフには負けてしまう所がなんともらしいですw



淡々とぴよちゃんがファミリージョッキーをプレイしていくだけなんですが、ぴよちゃんのゲームの感想がらしくっておもしろいです。

プレイもピヨちゃんが20年前を思い出しつつプレイしてるという雰囲気が出ててます。登場する馬の名前を見て懐かしく思いながら見るのもいいんじゃないでしょうかw



とんねるずのみなさんのおかげですもおっさんホイホイがついてしまう時代なんですね……

本編の方はもともとの仮面ノリダーのチープ感がそのまま再現されていていいですよね。多分アイマスはゲーム画面がきれいでMMDはそれに及ばない部分があるので、それが仮面ライダー>仮面ノリダーという部分にシンクロしてよけいにらしく感じるんじゃないでしょうかw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
マイナーな時代でも面白いよ!
2011 / 12 / 28 ( Wed )


個人的に好きな時代なので押している南北朝時代の架空戦記&教養講座の新作が来ましたよ! こういうマイナーな時代の架空戦記を当ブログではガンガン押していきたいと思いますw

動画内の教養講座パートでも言われてますが、どんどんカオスになっていきます。特にこの時期はまだ京と鎌倉でほぼ別々に事件が起こっていくのでめんどくさいんですよね。特に鎌倉側は主役の足利は全然出て来ませんし、基本的に内紛みたいなものだから誰と誰が対立してるとかわかりにくいですし。このへんは予備知識みたいなものなのでだいたいこんな風、みたいに思っておけばいいかなと思ってます。それでも徐々にメイン級のキャラが出てきてので続きが楽しみです。



もうひとつマイナーな時代の架空戦記です。

ディアドコイ戦争というアレキサンダー大王が死んだあとのマケドニアをめぐる戦いの時代です。結局いくつかの国に分裂してしまうんですが、その中の小国であるペルガモンという国が舞台です。

正直私もこの作品を見るまでペルガモンという国は知りませんでしたw Wikiでみたところなかなか面白い国のようです。こういう風に知識が増えていくのは楽しいですね。とはいえ、別に知識がないとわからないわけではないので、そういうのはめんどくさいと思う人も戦闘シーンの格好よさだけでも満足いくのではないでしょうかw

また女神の能力をプレイヤー視点で見れることとしてるのは上手いと思いました。確かにプレイヤー視点は神の能力と言っても過言ではないですからね。これからも女神タカネーの活躍を見守りたいと思います。

iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
それぞれの雌雄を決する時
2011 / 12 / 27 ( Tue )


それぞれのアイドルたちがそれぞれに因縁ある相手と雌雄を決する……

もう見てて泣きそうになってしまいました。春香さんとやよい、そしてその二人をつなぐもの。

真と師匠、そして仲間たち。

自分が守るべき者のために戦う男たち。

もう何もかもがかっこいい。早く次回が見たいけど、次回がきてしまうとこの話ももう終わり。それは嬉しくも悲しいという感情が沸き起こります。複雑な感情ですね……
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ