1年ぶりx2
2012 / 06 / 30 ( Sat )


前半戦から1年ぶりの再開、懐かしいですねぇ。元々2008年スタートのこのシリーズ、2007年のデータを使っているのでもう5年も前になります。

今ではもう引退した人、亡くなっている選手もいて時代を感じさせますね…… 選手の移籍でチームメイトじゃなくなってたり新たにチームメイトになってたり……w

それ以外にもコメントもなんJ語のコメが増えてたり、見る層も変わってきてるのも長いシリーズならでは。そしてアイマスが絡むと強くなるベイスターズw 

これからは1〜2週間で1話のペースが目標とのこと、また楽しみが増えそうですw



こちらも年刊になってしまったシリーズですが、もっともっと見たいシリーズです。

この世界と違う日常を描いているこのシリーズ、アトリエシリーズの雰囲気とアイマスの雰囲気がいい具合に融合してて面白いんですよねぇ。日常のまったり感と非日常的な出来事が妙にマッチしていて面白いんです。サブキャラもいい味出してますし、もっともっと見たいシリーズの一つですねw 次はもっと早く見れるといいなぁw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
時間泥棒たち
2012 / 06 / 28 ( Thu )


動画の再生時間は26分なんですが、見終わると40分以上経ってますw

これはデータ量が多くて一時停止しながら見るためどうしてもそうなってしまいます。別の意味で時間泥棒ですねw

ただしそれに見合うだけの面白さと応用力が備わってます。ツナ缶Pのローカルルールは使用したいと思わせる汎用さと面白さが同居しているのでGMやるなら一度は使ってみたいと思わせますねw 

プレイの方ではやよいが遂に師匠の技を使いますw 注釈があって気づいたのですが、元ネタを知らない人が居てもおかしくない昔になってしまってるんですよね……w

そして遂に報酬に領土が出てきて建国も視野に入ってきてますます楽しみになって来ました。フォシルの建国はうまくいくのか、そちらも楽しみですw



そしてこっちは真っ当な意味での時間泥棒動画です。テンポの良さであっという間に動画を見終わってしまいますねw 

戦闘もキャンプもサクサク進むし、サクサクの割にギャグもいっぱい入っていて最高です。今回はいおりんのボケとメイクイーンに1本取られましたねw 

神様とのやり取りが楽しみですw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
蛮族というもの
2012 / 06 / 27 ( Wed )




最近のSW2.0卓で注目してる卓の新セッションがきました。

このシリーズはセッションごとにいっぺんに上がるので見てる方は見やすいですね。この方式の弱点はセッション間が空きやすいという点ですが、今のところそれほど間も空いてません。

とにかく見せ方が変わっていて、基本的にPC視点しか出て来ません。判定や戦闘時などでは数値等も出ますが、PCとしての行動や考え方が優先されてる感じです。

この卓では蛮族というものに対して単純に悪、人類の敵としてではなくそうでない可能性というものに言及してたりしますが、前回、今回でもやはりそういった感じのヘンな蛮族(上級蛮族)が出てきます。こういった蛮族達の存在がこの卓の特徴だと思ってます。

またPTの方も冒険に出る前の話が出始めて、キャラとしての深みが出てくる感じになっているのでそういった方面でも期待です。

しかしトコマとカルハの村ってどういった存在なんだろう……?w
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
八八艦隊とゆとり艦隊
2012 / 06 / 26 ( Tue )




ベースは同じ提督の決断なのにどうしてこうも違うのかw 

こんなに違うのに両方とも大好きですw

こういったアプローチの違いが架空戦記の幅を広げてると思いますので、どちらも頑張って欲しいですねw

両方共ラストが近づいて来てますし、頑張って最後までいってほしいですw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
定番+ヒネリ
2012 / 06 / 25 ( Mon )


ここのところストーリー展開はシリアス基調なんですが、至る所の演出でシリアス一辺倒になることがないので見てて楽しいですw

今回は三国志ものの定番演出である痛屏風や掛け軸ネタで少しヒネリを加えていたのが面白かったです。まさか本編でツッコミがはいるとは思わなかった……w

ちーちゃんサイドも記憶喪失ネタとしては定番のネタではあるものの、予想してなかっただけに笑わせてもらいました。定番のネタでもうまく使えば1本取れるというのを再認識しましたw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ