視聴者サービス付き再開
2013 / 01 / 31 ( Thu )


テオドラPがほぼ2年ぶりに戻って来ました!

このシリーズは長期連載になることが予めわかっているのでこういった長期に渡って間があくということもあるかと思ってました。長期間だとリアルの変動とかもありえますからね。

2年空いたとはいえ帰ってきてくれてほんとうに嬉しいです。細々と再開と書いてありますが、みんな待っていたんだと思います。それが宣伝に現れてますよねw

再開早々派手な展開になってたり、視聴者サービスがあったりさすがはテオドラPというかんじでしょうか。続きも早く見たいものですw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
アンチテーゼもしくは反面教師
2013 / 01 / 30 ( Wed )


なんともまぁ、面白いテーマの卓動画がやってきたものです。

投稿者コメントのところにあるように、実際にある(かもしれない)問題点山積みの卓を動画にしてみました、というものです。

たしかに卓m@s動画は素晴らしい物が多いですが、実際の卓はもっと泥臭いという点ではそのとおりだと思います。

私がTRPGをやっていた頃はあんなに上手くRPなんかはできませでしたし、シナリオも自作なんてほとんどせずに既存のシナリオ集をプレイしていたものです。

この動画はさすがに悪い方へ悪い方へと舵を切っているようなものなのでヒドイ事になってます。実際はこれほどひどくはならないとおもいますが、最終戦のような事故はままあることです。

それでもリベンジをしたりと楽しめないわけではないので是非ともリベンジ編が見てみたいものですw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
歴史の裏舞台
2013 / 01 / 29 ( Tue )


私がこのシリーズが好きなのは、他の架空戦記と違ってアイドルたちが歴史の表舞台に立たないというちょっと変わった立ち位置を持ってるからです。

ですので歴史の流れに流されつつ、それに棹さしながら生きていくという他とは違ったドラマが生まれていると思います。

今回ではペストが猛威を振るっていますが、これも歴史の表舞台にたち、国家の指導者としていたら現代の知識を持ったアイドルたちなら完璧に対応出来たに違いありません。

しかしそうではないため、いろいろ苦労をしていますし、歯痒い思いもしています。そういったドラマこそがこのシリーズの面白さだと思っています。

世界史系架空戦記の中ではけっこうなお気に入りだったりしますw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
疾風のように
2013 / 01 / 28 ( Mon )


疾風万里谷の名の通り全10回、わずか9日間で完結までいってしまいました。

たたみかけるような怒涛の展開、毎回必ず10分で終わる時間、そして最初は下手なプレイから徐々に慣れていき、最後は不利な状態から逆転勝ちをするというお手本のような動画でした。

それも輿水という自信過剰な性格をしたアイドルによって最初下手なのを不自然に感じさせなかったのは素晴らしかったと思います。ksmzならさもありなんというふうにみんな受け止めてましたからねw

あっという間でしたがぜひまたアイマスで架空戦記を作ってほしいものですねw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
良演出+速度=ペプシマン?
2013 / 01 / 27 ( Sun )


架空戦記や卓m@sの中でも演出がすごい!って作品はいろいろあります。また更新速度が早い!って作品もいろいろあります。

でもその両方を兼ね備えたシリーズというとほとんどありません。

上の呑気屋シリーズはまさにその二つを兼ね備えたシリーズです。

更新速度は基本的に週一で日曜の朝に上がります。ニチアサシリーズと言われてたりもします。

演出やレイアウトなんかもものすごく凝っています。架空戦記内でもトップレベルじゃないかと思います。

それでもこのシリーズが知る人ぞ知る、という作品担っているのはいくつか理由があると私は思っています。

あまり知られていない理由として元々ノベマスのスピンアウトである、ということがあるんじゃないかと思います。しかもこのノベマスが独自設定が大きいタイプのノベマスなんですよね。アイドルが全員超能力持ちという……w



こちらのシリーズなんですが、こっちも独特のサムネでサムネバイバイの気配もあるシリーズですからねw

ちなみにこのシリーズを見なくても支障は全然ありません。私もつい最近まで超能力アイドルの方は見てませんでしたが十分に楽しめました。多少卓に入る前のノベ部分やキャラの性格に関わってる部分もありますが、他の動画の痴早や貴音さん程度の性格改変ですのでノベを知らなくても受け入れられる程度だと思います。

でもそういうことは見ないとわかりませんからそれで忌避する人も居るんじゃないでしょうかw

また演出に関しても最初からすごい演出バリバリじゃないというのもあるのかもしれません。演出に関しては回を重ねるごとにすごくなっていく、という感じですので。

それに加え、シナリオが少しダークよりでアイドルならしないだろうと思う人もいるかもしれないRPをしたりします。一般人なら普通にするようなRPなんですが。蛮族に対して助けるといって情報を聞き出した後殺すとか、悪人に容赦はしないとかと言った類なんですが、アイドルがそういったプレイをするのは嫌だという人も居るかもしれません。

それでもたくさんの人に見てほしい作品だと思っています。この記事をみてみる人が増えるといいと思っています
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ