痴情のもつれを期待してしまう回
2012 / 05 / 31 ( Thu )
昨日はドラゴンズがいい試合をしたのでスポーツニュースをハシゴしてたら更新を忘れてしまうという痛恨のミスをしてしまいましたw



国王の中の人の誕生日に上げるという憎い事をしてくれますw

そして初っ端から流れるようなギャグの応酬w 

テンポよくどんどん進んでいく展開で気がついたら見終わっている感じですね。次から次へとギャグが流れていくさまは心地いいです。

そしてまよキンの真骨頂の感情値と人間関係が存分に発揮されているので見ていて楽しくなりますね。アイドルたちがきゃっきゃうふふするさまはどんな時でもいいものですw
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
遅ればせながらぐるm@s!視聴
2012 / 05 / 29 ( Tue )
今日はようやく架空戦記の視聴が追いついたので架空戦記外の動画の視聴に手を伸ばしてみました。とはいえ、架空戦記の番外編みたいなものが多かったりしますがw





このシリーズは冒頭にもあるように、



このシリーズの番外編みたいなものです。

私も四国に居る身としてはこのシリーズは楽しみです。四国の食文化は本当に各県で全然違ったりするので私も知らないことが多く、参考になります。いやもう本当に美味そうに写真を撮っているので、たまりませんよ!w

元々ぐるm@s!系の動画は好きなので旅m@s兼ぐるm@s!動画が増えると楽しいですねw

今回は他にも





なんかも楽しく見れましたw やっぱりぐるm@s!はいいですねw

ニコマス | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
お約束に反逆する!
2012 / 05 / 28 ( Mon )


最近の気になるシリーズです。

普通ならファンタジーのお約束ということでスルーする蛮族や邪教の神官について真正面から切り込んでいる今回のセッションです。

ラクシアでは蛮族=絶対悪というのが基本ですし、蛮族PCを扱ってるシリーズでも基本蛮族の変わり者という扱いで、それ以外の蛮族は悪であることが多いですし、蛮族PCも蛮族を倒すことに疑問とかを持ちません。

しかしこのシリーズでは蛮族に憎しみを持つPCがいるのに、あえて蛮族を絶対悪とせず、それに関わりあうという選択肢をとっています。しかもその選択理由も冒険者としてではなく、その出自の農民としてというのですからこれまた面白い。



こちらも人類に敵意を持たない蛮族に対してどう向かい合うのか、というのがテーマになってます。特にこちらは蛮族PCがいる分、その対応について深く掘り下げてますね。

今回でPTの方向性が決まり、PCの秘密もなくなり一体感がでてきました。これからのPTとしてどういった方向に向かうのか楽しみです。
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
再開は嬉しいものです
2012 / 05 / 27 ( Sun )


連載再開おめでとう! PVやノベマス、ウソm@sとかで動画自体は見てたけど、やっぱりPボウイはこのシリーズが一番好きです。

架空戦記世界では765プロのアイドルが対立しているものも少なく無いですが、トカチーは特に原作の設定自体がハードなだけに、こちらもアイドルたちがガチで殺し合いになりそうですし、そこの所をどう描いていくかも楽しみです。

基本しりあすということですが、きちんとギャグ成分も入ってますし、これからもその点では安心できそうですw 
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
終わるシリーズと始まるシリーズ
2012 / 05 / 26 ( Sat )


風来M@STERも遂に最終回、良いみきりつ動画でした。

架空戦記で面白い動画の特徴として、アイドルのみならず元ゲの方のキャラや、オリジナルキャラでいいキャラが出てくることです。

このシリーズで言うとペケジがそれに当たると思います。序盤にはいろいろキャラが出てきていてペケジもその内の一人だったのに、後半は美希の成長にも欠かせない重要なキャラになっていきました。

終盤には美希が霞むくらい活躍した? 回もありましたw まさにこの動画を代表するキャラになったと思います。

美希はゆとりと覚醒という2つの姿を原作中で持っているので成長物語の主人公としてはうってつけです。しかも律子という先生、先輩として成長を促すキャラとの関わりも深く、その面でもこの物語の構成はうまかったです。

それ以外にも百合方面でのみきりつもいいものですしね。その面でもこのシリーズは満足できると思いますw 

完結お疲れ様でした。次回作があるなら期待したいと思います。






終わるシリーズがあれば始まるシリーズもあります。

SW2.0のTRPG動画は今もたくさんのシリーズが始まっていますが、このシリーズはちょっと変わっています。始まり方もホットスタートですし、TRPGをしているというスタイルとはちょっと違って、視点がほぼプレイヤーキャラクターで進みます。

完全なノベマスタイプというわけではなく、判定処理などのシーンも入りますし、PL視点の会話もたまに入りますが、基本はPC視点です。

またPCたちにいろいろこだわりがあり、本来ゲームということで約束事としてスルーされている所に拘っていたりとなかなか面白いRPもあります。

こういった独自性のあるスタイルはTRPG動画の幅が広がっていくので楽しみですね。これからに期待したいです。
iM@S架空戦記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ